武井観光スタッフブログ/東京・千葉の観光バス・貸切バスは千葉県千葉市の武井観光

武井観光スタッフブログ

HOME > 武井観光スタッフブログ

吾輩の専属保健師よりお手紙が来ました。

210127.png

・麺類NG←ほぼ無理

・菓子パンNG←世に出回っているパンはほぼ菓子パンなので、今後絶食とする

・よく噛んで味わいゆっくり食べる←死ぬまでの努力目標

・減塩←現状ほぼ増塩なので注意する

・ストレスと上手く向き合う←わかりました

・心地よい睡眠をとる←自身でコントロールできるんかね

健康体を維持することは貯蓄になりますので、師匠の言葉を胸にしっかりと刻みます

「次年度の健康診断で保健指導に該当した場合~」とありますが、

何だか該当しない気がしない。

豆を煮る

たんぱく質を植物から摂取することは大切です。

そこで豆製品が頭に浮かびますが、我が家では

時間をかけて豆を煮ます。

IMG_0188.jpg

純粋に豆だけだと味気ないので、一般的には

砂糖を使って甘く煮ます。

ですから、たくさん摂ると、必然的に糖分も摂ることに

なりますので、食べ方には注意が必要です。

でも、冷蔵庫にストックされてると、いわばスイーツのごとく

ついつい食べてしまします。

次回は、ブラジル流の料理をしてみましょうか。

 

大事にしているのに

なんだかよくわからない制度。

13年を超えると、自動車税が高くなるという

摩訶不思議な国。

手を入れて大切に乗っているのに、言ってみれば

物持ちへのイジメ。

ヨーロッパには、古いクルマは非課税という

国もありますぜ。

我が家のクルマもまもなくオーバー13年。

自動車税が従来の15%増になります。

税金なのでお国のためになる遣い方をされたら

いいのですが、無駄遣いされたらかなわんな。

北の仲間が立寄り

お付き合いのあるバス会社さんのバスだけではなく、

道路を使って仕事をしている会社さんは常にウエルカムです。

そして、今回は遠く北海道のトラックが休憩で立ち寄って

くれました。

IMG_0176.JPEG

IMG_0177.JPEG

北海道から玉ねぎを積んで首都圏の市場に卸してきたところです。

しばしの仮眠をとったのち、今度は札幌向けの荷物を積んで

帰ります。

安全運転でお願いします。

 

ヒューマンエラーからのテンション降下

凡ミスをやらかしました。

IMG_0173.jpg

削る方が逆。

おそらく他人からすれば、究極の

どーでもいーこと、になると思われる。

しかし、本人にしてみれば、取り返しのつかぬことを

してしまった類。

左側からあらためて削るのも嫌ですし。

これはきちんと使い切って、次はちゃんと確認してから

削ります。

見学の手助け

旅先で土木産業遺構を偶然見かけて感動していますが、

土木遺産を紹介しているサイトがあります。

「土木学会の選奨土木遺産」です。

https://committees.jsce.or.jp/heritage/

都道府県別にまとめられていて、写真、解説を見ることが

できます。

210120.png

写真を見るだけでも楽しめますが、やはり実際に見て

感動して先人たちの功績を称えるのがよろしいでしょう。

首都圏は緊急事態宣言発令中ですが、こそっと一人で

自家用車で出かけるのはいいと思うが。

そういうところは密にはならないでしょうから。

彼を知り己を知れば百戦殆からず

言わずと知れた孫氏の兵法に書かれている故事です。

敵の状況を把握することはもちろん、自身の実力や

状態も知った上で戦をすることで、勝ち戦に臨める

ということですね。

バス会社にも当てはまりそうな。

バスの仕組み、もちろん操作法を知っていることは

必須ですが、自分の体調もしっかり管理せねば

プロフェッショナルとは言い難し。

当社では、そういった自分の体を知る手段として、

血圧計を用意しています。

IMG_0153.jpg

先ほども、出庫点呼前に乗務員が計測していました。

「うーん、やや高めか!」

己を知ることにより、普段の生活にも気を使うようになります。

さて、次はCTスキャナーでも置いてみるか。

こういう奴が楽しく生きられるのかね?

そのへんにいる猫は、寄ってくるか逃げるかのどちらかですわ。

逃げる個体は、おそらく人間から悪さをされた経験があり、

人間に対して恐怖心を持っているものと考えられます。

一方で、人の姿を見るや、呼ばずとも寄ってくる猫もいます。

先日、公園で見かけた猫は人馴れしすぎの個体でした。

210118.png

ベンチに腰掛けるやいなや吾輩の太ももに飛び乗ってきました。

ズボンが汚れたら嫌だな、と一瞬感じましたが、

湯たんぽが乗っているようでいい感じに温かかったため、

しばらく放置していました。

最終的には、人間にとってのほどよき時間をかなり経過しましたので、

悪いと思いながらもそっと地面に降ろした次第です。

自らすすんで他人の懐に飛び込むような奴が、やはり

幅を利かせられるのでしょうかね?

 

物騒

な事件は日本中で毎日のように起こっています。

そういった事件には慣れっこになっていますが、

会社の近所で発生したとなると、少しは驚きます。

740565FB-87E8-4315-BEED-4FF67D436742.jpeg

人を刃物で刺すって、異常なことですわな。

吾輩も人から文句は言われても、襲われない

ように生きていかねばね。

それにしても、被疑者の職業って、報道すべき事柄かね?

記憶しておきましょう

軽井沢のバス転落事故から5年が経ちました。

一運行管理者としてこの事故については

経緯から背景まで覚えておくべきこととして

吾輩の頭の中にあります。

そして、この事故だけでなく、1月には

スキーバス絡みの事故がいくつか発生しています。

1975年と1985年に起こっています。

いずれも長野県内での発生で、多くの死者を

出しています。

人間は歴史から学ぶことができます。

事故には必ず原因がありまして、それが

不可抗力によるものなのか、防ぎえたものなのかで

その後の対策が変わってきます。

教訓を活かし、バス旅行は笑顔しか生まない商品として

提供すべきだと、本日改めて感じました。

アーカイブ

このページのトップへ

最近の画像