武井観光スタッフブログ/東京・千葉の観光バス・貸切バスは千葉県千葉市の武井観光

武井観光スタッフブログ

HOME > 武井観光スタッフブログ

習性

親父の枕から発せられる独特の臭いが気になったり、

休みなのに早起きして何かしたりしてたり、

夜7:00になったらテレビをつけNHKのニュースを

観てたりしてたのを、ふと思い出しましたが、

通常の吾輩の生活ではないか、と気付き、

中年男性の習性とはこんなもんかと

納得しております。

マックスパワーで、あと何年活動できるのやら。

61E19B48-C7C1-4094-97B1-C5A9C7546FDD.jpeg

 

 

今年が最後かも

過酷な自然環境にさらされているため

年々朽ちてきているタウシュベツ川橋梁。

今年は雪解け水が少なく、例年なら桁の半分ほど

水位が来ているのに、今年は全景が見えているそうです。

E1EF15BA-3EA5-4514-9BB6-FC8ADEA5EA72.jpeg

形あるもの、いつかは朽ち果てます。

鉄道遺構として保存云々の声もあったそうですが

自然に還っていく様を日を追ってみていくというのも

1つの選択肢だと思います。

と言いつつも、少しでも永くその姿を留めておいてほしいと

切に願うのであります。

在職老齢年金

いくつまで生きられるかわからんので

年金は60歳からもらおうと考えてますが、

敵もさる者、そうは問屋が卸さない的な

防御策を持っています。

それが、在職老齢年金による調整です。

簡単に言えば、給与うぃもらっている人は

その金額により、厚生年金を減額するというもの。

だからどう頑張っても、あるポイントで頭打ちに

なってしまいます。

やっぱり、日本って、搾取する側とされる側で成り立つ

国家なんですよ。

ほどほどに頑張りましょ。

味付けが一緒の気がする

くまもんに続けと、各観光地では自治体がゆるきゃらの売名に

力を入れているようです。

先日、嵐山、甘楽を訪れた際にも、彼らは存在しました。

ranzan.jpg

嵐山の「むさし嵐丸」と

kanra.jpg

甘楽の「かんらちゃん」です。

土台となるのは戦国~江戸時代のいでたちのようで

こういうキャラクターはそっち方向から生み出した方が

万人ウケするんでしょうかね?

みんな、頑張ってます。

ほたる鑑賞なぞ、どうですか?

田舎の小川の辺なんかには、ちょうど今ぐらいから飛び交っていたものです。

少し足を延ばすと、今でも見ることができます。

東吾妻町。ここでは地元の方々の努力で、結構な数のホタルが生息しています。

190615.png

何よりも清らかな水があるところが条件でして、

箱島湧水という、樹齢500年の杉の根元から湧き出す天然水のおかげで、

ホタルを見ることができます。

観にいく際には、あくまでも人間がホタルの住処にお邪魔させてもらっている

ということを頭において、楽しみましょう。

東の人の口にはあわんげな

あくまき。

IMG_6226.jpg

ふとしたことから、もらってきました。

南九州独特の食べ物で、味と食感に独特な特徴があります。

基本的に、食べつけない人には奇異に映るようで

人気がありません。

ただし、吾輩は大好きです。ホワイトアスパラと同列に好きです。

で、包丁では切りにくいので、タコ糸などで、くるっと巻くようにして

切ります。

醤油で食べるのが正統派です。きなこは亜流です。

老後に向けての貯え

とは言ってもねぇ、何歳まで働けるか

わからんし、実際吾輩が仕事を辞める

タイミングもわからんし、そもそも、

老後がいつからかもわからんし、

何歳で死ぬかもわからんから、

手の打ちようがないってのが正直なところ。

とりあえず、吾輩は公的年金を60歳から受け取る

予定です。

ブラタモリ

教養番組として楽しんでいます。

古代からの歴史や地理を交えて

専門家がわかりやすく解説してくれます。

そして、様々な分野でのタモリさんの

造詣の深さにも感心させられます。

前回は銚子が舞台でした。

地元の地方が紹介されると、嬉しさもあり

いつもより身が入ります。

一方で、地元のことなのに知らんかったことが

多かったのにも驚きました。

さて、同番組、タイムリーな話題性のある場所も

訪ねて紹介してくれます。

FBA23C01-6B25-4712-B760-C5027D0C5471.jpeg

軽井沢に行ったら

フレスガッセさんでお食事をどうぞ。

自家製のハム、ソーセージがおススメです。

5AFB6F24-4E74-4D86-AF97-D2CB67BACB49.jpeg

北口改札を出て徒歩3分で到着です。

先日伺った時にはハムステーキをいただきました。

歴史のあるお店です。

ずーっとやってて欲しいお店です。

A48D29E8-80ED-48F6-BBEC-2F47111DB22C.jpeg

 

結構いい加減な商売

8日朝に羽田を出発する日本トランスオーシャン航空(JTA)の宮古島行きの便を乗務する予定だった機長の呼気からアルコールが検出されたことが分かった。乗員繰りがつかず、JTAは、この便を欠航した。

 

上記は共同通信の配信記事です。

 

機械オペレーターはアルコールを入れた状態で

仕事をしたらいかんというのは、安全上当然のこと。

こと航空乗務員については、報道されているだけで

頻繁に起こっているようなので、何をしとんのや、と。

会社の対応も見上げたもので、ヒトがおらんかったから

欠航させたと。正直、いい加減でいいなぁと思いましたよ。

乗務員操りできんことが不可抗力案件として通せること自体

不思議でしょうがありません。

バス会社なら何とかして穴空けを防ぎますが、

逆に安全をかさに、運休させとるんですね。

お客さんがもっと怒らないといかんと思うよ。

日本中のバスの運転手さんが一番頑張ってるよ。

アーカイブ

このページのトップへ

最近の画像