武井観光スタッフブログ/東京・千葉の観光バス・貸切バスは千葉県千葉市の武井観光

武井観光スタッフブログ

HOME > 武井観光スタッフブログ

上質

物事には量より質が重要、とは

よく言われます。

睡眠についても当てはまるようです。

加齢からか最近は「よく寝たなぁ」と

感じることが無くなってきました。

昔は「2度寝3度寝喜んで」、でしたけどね。

睡眠の質を上げるためにはいろいろと

方法があるようで、差し当たりは、

寝室の照明と枕辺りから手を付けてみます。

80A3CC66-18A5-4752-82E2-0994F74BE26E.jpeg

欠品が出てきた

11月になったなぁと思ったらすでに中旬。

この時期には毎年各地にふるさと納税を

しよるのですが、今年はどの自治体に、と

訪ねていたところ、ぼちぼちと欠品が

出てきています。

C6DC8C4C-3CD9-413A-ADD9-D1CD1AD9CB12.jpeg

本来の目的は自身の故郷を

納税という形で応援するものですが、

今や返礼品如何で税収の増減があります。

品物が良いせいか、吾輩の出身地は毎年

税収が上位にありるようですので、

今年もまったく関係ない自治体を応援する

ことにします。

 

原点回帰

羽田空港にで見かけました。

到着口にお客様をお迎えに行った際、気付いたのです。

IMG_7063.jpg

到着便の案内板なのですが、当然、昔のパタパタ式ではなく

電光掲示板というかLEDというか.....

よーく見てみると、画像が投影されているではありませんか。

真下に入ると、投影機らしきものがいくつかありました。

IMG_7062.jpg

白壁のスクリーンに映し出す方式。

案外、この方が経済的、視覚的にいいのかもね。

日本人なので

日本語検定試験は受験するまでもない、

と考え、過去問をのぞいてみました。

一応、日本語を母国語として育てられましたから、

1級なんぞを.....

191107.png

第一問から、白旗。

まぁ、普通の日本人ということで

満足しましょう。

駄目だと思う

ニュース23で、クローン猫のことを

紹介していました。

中国でのお話。

例に挙げられていたのは、ブリティッシュショートヘア。

少し前に死んだペットの猫から幹細胞を取り出して

作られた個体。同じ遺伝情報を持ち、色柄も

ほぼ同じというもの。ただし記憶は受け継げないとのこと。

D7B8D0E6-2B65-4DFA-A5D5-C3C7BD449C98.jpeg

300万円以上を注ぎ込んでも、飼い主曰く

「お金の問題ではない 」と。

自然発生的に誕生する生命を、ヒトがコントロールしたら

絶対駄目だと思う。

後味悪い情報だった。

 

ジレンマ

加齢とともに膀胱が硬くなるそうな。

で、貯蔵能力も低下するらいしということを

聞きました。

IMG_7035.JPG

なるほど、そういえば、回数が増えたような増えないような。

すぐに用足しをすると、さらに貯蔵能力も減っていき、

悪循環になるそうです。

極限までの我慢は不要ですが、ある程度の辛抱は必要らしいです。

とはいってもねぇ、運転業務中は渋滞等のこともあり、

機会あれば処理したいところ。

まさにジレンマ。

おや!

職業柄、旅番組なぞをよく観ます。

時期的に紅葉探訪ものをやってました。

松岡とヨネスケが日光を訪ねていた時に

AF125C8D-9A24-4CE0-84A8-632DFC0BAA3B.jpeg

これは、うちとお付き合いのある丹沢交通さんのバスでは

ありませんか!

自社バスは当然のこと、知り合いのバス会社さんが映っていても

嬉しいものです。T社長、御覧になりましたか?

どんな職場か気になったので

通勤途上のルートにある電柱に、

DBE5F10C-3921-4AD0-BDD2-1E1F73BBA6FB.jpeg

というのが貼ってありました。

明るく真面目な若者を年中募集しています。

ただし男子募集というのは、昨今の社会情勢に

少々そぐわんな、って感じがしましたよ。

ただし人が足らんというのは、ある意味

低失業率とイコールではないかなぁ、と

まだまだ捨てたもんじゃないね、ニッポン。

赤羽って

文化センターと会館ってのがあって、

駅の東西に分かれているのだけれど、

間違ったら大変なことになるっていうのが

夕べ判明しました。

191030.png

過密密集地に行く際には、いろいろと調べつくしていかなければ

ならないということを学びました。

模型で走り続ける

鉄オタでして、碓氷峠を駆け抜けていた車両に

思い入れがあります。

特に189系電車が好きで、横軽廃止後も、

長野地区で働いていた同車に注目していました。

A8171233-574B-45A0-BF76-8B2F1148BC53.jpeg

毎年毎年、「今年こそ全廃か」と思われながら

細々と生き続けていましたが、やはり老朽化のため

先日廃車となりました。

国鉄時代から約半世紀に渡り稼働してきました。

耐用年数、すげぇや。

アーカイブ

このページのトップへ

最近の画像